四十肩について

四十肩とは関節痛の一つで、肩の関節がスムーズに動かないという症状が40代で出たら四十肩、50代であれば五十肩と呼ばれることが特徴です。

 

そんな四十肩にはどのような原因があるのかみていきましょう。

 

四十肩の原因

肩の関節には4つの筋肉の腱でできている「腱板」という組織があります。腕の骨を肩甲骨にくっつける役割を担っているのですが、この腱板が炎症を起こすことによって、関節包と呼ばれる部分に影響を与えてしまいます。

 

それによって、腕を持ち上げると痛みがあって持ち上がらなかったり、違和感を感じるなどの不快症状が起こります。

 

炎症を起こす原因ははっきりしていませんが、加齢により肩の関節を取り巻く組織が老化することによるものと考えられています。そのため、肩こりとは違い、若い世代で発症することはあまりありませんが、中年以降になると増えてくる傾向にあります。

 

始めは軽い痛みであったとしても、ひどくなると夜眠れないほどの痛みが出るなど日常生活にも支障をきたす場合があります。早めに専門家へ相談し、治療することが大切だといえるでしょう。

 

四十肩のお悩みは当院へ

ステラ整骨院では、原因を探し出し根本から治療するだけではなく、予防すること、身体を強くすること全てをサポートいたします。

 

患者様のお話をしっかりとお聞きし、ご納得いただいた上で治療を行いますので安心して治療を受けていただくことができます。

 

ぜひ一度当院へご相談ください。スタッフ一同、心からお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ ライン予約 ライン予約 WEB予約

ステラ整骨院へのアクセス