オスグッドについて

オスグッドの正式名称はオスグッド・シュラッター病です。10~15歳の成長期の男の子に多く、バレーボールやバスケット、サッカーなどの跳躍やキックが多いスポーツをしている人に発症しやすいです。

 

症状としては膝のお皿の下骨が突き出てくる、膝のお皿の下あたりが腫れたり、熱や痛みを伴うことなどがあります。スポーツに起因するため、成長痛とは違うということも特徴です。

そんなオスグッドはどのような原因で起こるのでしょうか。

 

オスグッドの原因

原因は成長期であることと、膝の曲げ伸ばしをしすぎて軟骨に負担をかけていることです。太ももの前面にある大腿四頭筋が、成長しきっていない脛骨粗面をひっぱりすぎることにより、痛みや腫れが起こります。

 

小学校から中学生の頃は、子どもから大人の体になるための成長期にさしかかると同時に、クラブや部活で運動量が増えるため体に負担がかかることが多くあるため注意が必要です。

 

オスグッドは進行性の病であり、発症したら早期対応を行う必要があるため、放置せず早めに専門家へ相談しましょう。

 

オスグッドのことなら当院へ

ステラ整骨院では、伝統的な整骨院の手技に加え、最新の医療機器を駆使して身体の不調を改善します。

 

丁寧なカウンセリングで痛みの原因を探し出し、ご納得いただいたうえで施術を行うため、安心して治療を受けていただくことができます。

 

夜も19時30分まで受付をしていますので、学校帰りの通院にも便利です。ぜひ一度ご相談ください。

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ ライン予約 ライン予約 WEB予約

ステラ整骨院へのアクセス