ばね指について

ばね指とは、手の指に起きる炎症性疾患である腱鞘炎の一つで、弾発指(だんぱつし)とも言われています。

 

初期段階では手や指が痛いことや、指や手のひらが腫れることがあったり熱を持つこともあります。主に指の付け根に症状が現れ、朝は症状が強く昼頃には症状が軽くなるという特徴があります。

 

ばね指の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ばね指の原因

ほとんどの場合、日常の生活においての曲げ伸ばしによる反復によるものが原因です。指を曲げたり伸ばしたりすることで、その刺激が腱周囲の組織に加わり腱がコブのように腫れ、腱鞘と度々ぶつかることで炎症を引き起こします。

 

他にも透析患者、リウマチや糖尿病どの病気が原因によるものや、更年期障害、妊娠出産などが原因になることがあります。

 

症状が進むと、コブが腱に引っ掛かり強い痛みを感じ、曲げ伸ばしが困難になります。進行するにつれ手が腫れ上がり、激痛になるので手が動かせなくなります。曲がったままの指を、無理やり伸ばそうとするとさらに悪化するので、絶対にやってはいけません。

 

手や指に違和感を感じたら、そのままにせず、早めに専門家へ相談することが大切です。

 

ばね指のことなら当院へ

ステラ整骨院では、原因を探し出し、痛みをとり治すこと、予防すること、身体を強くすること全てをサポートします。

 

最適な治療を行うため、体の状態を多方面からチェックし、ご納得いただいた上で施術を行いますので、安心して治療を受けていただくことができます。

 

ぜひ一度、当院へご相談ください。経験豊富なスタッフがご対応いたします。

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ ライン予約 ライン予約 WEB予約

ステラ整骨院へのアクセス