シーバー病について

 

シーバー病は10歳前後の男の子に発症することが多いものであり、踵骨骨端症とも呼ばれています。悪化すると歩行困難になる恐れもあるので、早期発見と治療のためには原因と症状を理解しておくべきです。

 

初めのうちは我慢して生活できるかもしれませんが、次第に運動することだけでなく普段通りに歩くことも難しくなります。

 

シーバー病の症状と原因

 

発育期の未熟な踵骨骨端部に大きな負荷がかかり、その状態でアキレス腱の引っ張る力が加わると踵骨に血流障害を引き起こすことになります。
血流障害の結果、踵骨骨端核が壊死したり骨軟骨炎を引き起こしたりするケースが多いです。スポーツや動き回ることが原因となる場合が多いと言えます。

 

初期症状は運動時の軽い痛みであり、成長痛と間違えてしまう人が多いです。実際にはスポーツ障害であり、症状が悪化するとかかとが地面に触れたときに痛みを覚えるようになり、つま先立ちをするようになります。
治療せずに放置しておくと安静にしていても痛むようになるでしょう。かかとの痛みや腫れがある場合は、シーバー病を疑ったほうが良いと言えます。

 

シーバー病の改善は当院にお任せください

かかとが痛むとうまく走るのも難しくなるため、スポーツをやっている方には影響がとても大きい症状となります。

当院では、その場しのぎのマッサージだけではなく、その方の体の状態をチェックすることで痛みの原因を明確にし、今まで良くならなかった症状を根本から改善する治療を行っています。
プロのスポーツ現場でも使われている特殊な治療器を導入し、痛みを早期に回復できるようにしています。
辛い痛みは我慢せず、当院までご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ ライン予約 ライン予約 WEB予約

ステラ整骨院へのアクセス