脊柱管狭窄症について

高齢者のうち10人に1人は腰部の脊柱管狭窄症といわれ、全国に600万人近い患者さんがいるとされています。

 

脊柱管狭窄症は椎骨とそれらを繋ぐ椎間板、黄色靭帯で構成される背骨の内側にある、脊柱管が狭くなる病気です。

 

そんな脊柱管狭窄症には、どのような原因や症状があるのでしょうか。

 

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因は、脊柱管の変形とそれによる神経の圧迫で、症状は主に足腰の痛みやしびれが挙げられます。

 

脊柱管が狭くなる変形の原因には、加齢、仕事などで脊柱管にかかる負担、腰に生じる病気など様々です。脊柱管の変形により神経が圧迫され血行が悪くなり、痛みが生じたりしびれを感じるようになります。

 

放置していると悪化していくだけではなく、日常生活動作にも支障がでる場合もあります。早めに専門家へ相談することが大切だといえるでしょう。

 

脊柱管狭窄症のことは当院へ

ステラ整骨院では、原因を探し出し、痛みや不調をとると共に身体を強くすること全てをサポートします。

 

予約優先で待ち時間も少なくご案内することができ、問診や施術時間もしっかりととることができるため、多くの患者様から喜ばれています。

 

ぜひ一度、当院へご相談ください。スタッフ一同心からお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ ライン予約 ライン予約 WEB予約

ステラ整骨院へのアクセス